ボランティア募集

2017年CSRウェブコンテンツ研究員

ボランティア研究員

当協会のミッション「CSRコミュニケーションをアップデートする」に共感いただき、共に企業サイトの調査・研究・評価をしてくださる方を募集します。トレンドを追うのではなく、トレンドを作り上げる側にまわってみませんか?

調査研究員によるマルチステークホルダー視点も今後は重要になっていくと考えています。ざまざまな立場の方の視点を取り入れ、より精度の高い調査・研究を行っていくために力を貸してください。

こんな方におすすめ

  • 外部評価に興味があるCSR担当者
  • CSRコミュニケーション業務に関わる広報担当者
  • ESG/非財務情報開示に興味があるIR担当者
  • 企業のCSR情報開示に興味があるNPO関係者
  • CSRウェブコンテンツに興味があるビジネスパーソン
  • CSR/環境領域などを研究している大学院生
ボランティア業務概要
  • 企業のCSRウェブコンテンツの調査
  • 調査レポートの作成

月間労働時間は5〜10時間程度です。

作業の場所・日程の規定はありません。

毎日発生する作業はありません。

CSR自体に関する講義等はありません。

実施期間 2017年7月〜2017年12月
募集定員

5名(2017年7月1日現在、10名在籍)

参加メリット
  • CSRウェブコンテンツ評価の知見を得ることができる
  • CSR企業分析のノウハウを得ることができる
  • CSR調査に関心がある人のネットワークができる
必須応募条件
  • 東京都内での月例会議に参加できる
  • Facebookアカウントを持っている
  • 20歳以上で社会人経験がある

月例会議は平日・夜の開催となります。

大学生は院生のみ可とします。

推奨応募条件
  • ライティングの業務経験がある方
  • 各種分析レポートの作成経験がある方
ご応募 ご応募は「所属する団体・企業名、お名前、メールアドレス、電話番号、Facebookアカウント名、応募動機(300文字以上)」を「お問合せフォーム」よりお送りください。
今後の流れ ご応募 → 仮採用/内定 → 定例会議にオブザーバー参加 → 正式採用 → チャットグループへ招待 → ボランティア実務開始
備考
  • 継続的な活動となるため定例会議に連続欠席された方は退会していただく場合があります
  • CSR/IR支援事業者(コンサルティング会社、報告書制作会社、など)はお断りする場合があります
  • 随時募集をしていますが定員に達した場合、募集を締め切らせていただきます
  • 研究実費以外の費用はご自身の負担になります
  • 個人情報取得に関しては「情報セキュリティポリシー」を順守いたします
  • 状況によって簡単な選考をさせていただく場合があります

記事・コラム

  1. 社内への情報発信CSRの情報発信やコミュニケーションというと、多くは社外のステークホルダーをイメ...
  2. CSRコミュニケーション協会のアドバイザーを務めます猪又です。
  3. 企業に迫りくるCSR調達の波昨今、世間ではCSR調達の機運が高まってきています。
  4. トップメッセージの評価先日、当協会のアドバイザーである猪又さんの記事「トップメッセージでやっては...
  5. CSRコミュニケーション協会7月1日より新しい事業年度となり、設立より2期目となりました。
過去の記事

出版・資料室

CSRデジタルコミュニケーション入門

CSRデジタルコミュニケーション入門

現代のCSRについて、どなたにも読みやすく、理解しやすく、そしてすぐに実践できる内容としてまとめられた一冊です。