CSRコミュニケーション評価「第三者意見」

概要

CSR報告書およびCSRウェブコンテンツの「第三者意見/第三者評価」は、CSR報告書等に記載する第三者意見およびCSR報告書全体の第三者評価を実施し、報告の過不足や客観的な視点での評価、改善点の指摘から様々なガイドラインとの整合性確認などを通じて、現状分析を行うものです。

ベテラン企業担当者や大学教授、シンクタンク、イニシアティブ関係者などではない、中立的なプロフェッショナルとして実務的な分析とアドバイスを提供できます。また評価担当者はCSR関連の書籍を執筆した知識や造詣が深い人間が実施します。またCSRウェブコンテンツ評価でも、関連書籍の執筆経験のあるCSR領域のデジタル・コミュニケーションに詳しい人間が評価担当者となります。

詳細

  • 納品物:評価レポート
  • 文字数:約2,000文字(A4用紙・3ページ相当)
  • 価格:15万円(税別)

実施メリット

  • 報告書の客観的な評価が得られる
  • 情報の過不足や読者視点が得られる
  • セカンドオピニオンのエビデンスとして利用できる
  • 社内稟議の資料として使える

実績例

  • 大手建設
  • 大手運送
  • 大手素材
  • 大手エンターテイメント系企業
  • 大手ヘルスケア
  • 大手衣料品 ほか

実施フロー

実施フロー

お問い合わせ先

お問い合わせ」ページより、お問い合わせください。

記事・コラム

  1. CSRコミュニケーション
    加速する企業のデジタルコミュニケーション今は、欲しいモノを買うのも、旅行で泊まるホテルを予約する...
  2. CSRコミュニケーションのトレンド私どものCSRコミュニケーション協会(以下、当協会)では、CS...
  3. hedgehog-1843127_640
    CSRコミュニケーション協会のアドバイザーを務めます猪又です。
過去の記事

出版・資料室

CSRデジタルコミュニケーション入門

CSRデジタルコミュニケーション入門

現代のCSRについて、どなたにも読みやすく、理解しやすく、そしてすぐに実践できる内容としてまとめられた一冊です。