CSRコミュニケーション診断「第三者評価」

CSRコンテンツの評価向上をさせたい企業様へ

当協会では、コーポレート・サイトを中心にCSRコンテンツを評価・分析する第三者評価を実施しています。CSR関連メディア運営や「CSRコンテンツ充実度調査」などの独自調査データに基づく知識・経験を活かし、CSRコンテンツ改善へのプロセスを明確にする、専門家による日本で唯一のサービスです。

ウェブコンテンツとあわせてCSR関連報告書(サステナビリティ・レポート、統合レポート、環境レポート、など非財務情報が掲載されている報告書)も調査・分析します。CSR関連の情報開示の過不足確認、客観的視点での評価、課題の抽出、改善案の提示、国際的ガイドラインとの整合性確認、などを通じて現状分析を行いレポーティングします。

「一段上の外部評価を目指したい」「評価の高い他社と比べて何が違うのかを知りたい」といった要望・課題がある方は、ぜひご相談くださいませ。CSRウェブコンテンツおよび非財務情報開示全般のユーザビリティ改善に向けて見直しを検討されている企業におすすめです。

サービスの特徴

1、実務的な評価

CSR報告書等の“箔付け”としての第三者意見ではなく、中立的な現場のプロフェッショナルとして、ステークホルダー視点を用いた実務的な分析とアドバイスを提供します。

2、データの相対評価

当協会の独自調査による最新データを使い、日本では数少ない、相対的かつ客観性のあるCSRウェブコンテンツ評価ができます。CSRコンテンツ評価の専門家だからこそ見える課題もあります。また、現状のCSRウェブコンテンツが国内大手企業で何位であるか知ることができます。

実施概要

内容

  • CSRコンテンツ(ウェブ・報告書)の評価と分析
  • 評価上位企業との比較診断

納品物

  • 総合分析レポート(A4、約5ページ)
  • CSRウェブコンテンツ 評価シート(A4、約1ページ)
  • 非財務情報開示 総合評価シート(A4、約2ページ)

価格

25万円(税別、正会員は20%値引き)

評価項目

コンテンツ評価

コーポレート・サイトのCSRウェブコンテンツおよび特設サイトのユーザビリティとコンテンツの2軸に対して、独自分類した15カテゴリの情報充実度/アクセシビリティを評価・分析し課題の抽出を行います。

また非財務情報コンテンツは、CSRのガイドライン開示要件および各種評価機関の評価項目を網羅した約45のマテリアルな項目(基本事項、戦略要素、内容要素、カテゴリー要素)を中心に評価・分析します。ユーザビリティ・可読性などの体裁となる基本事項から、価値創造プロセス、リスクと機会、バウンダリ、マテリアリティ、などの戦略要素まで網羅的に確認して現状分析を行い課題を抽出します。

総評

CSRウェブコンテンツ、CSR関連報告書の両方を考慮した評価をします。理想的な“あるべき姿”だけではなく、課題に対する改善案もまとめます。

実施メリット

  • 外部評価向上のヒントが得られる
  • 掲載情報の過不足や読者視点が課題が確認できる
  • 国内大手企業の中のコンテンツ充実度の順位がわかる
  • 分析データを社内稟議資料として使える
  • 「評価シート」を簡易セルフチェックのツールとして再利用できる

実績例

大手食品、大手建設、大手精密機器、大手運送、大手エンターテイメント系企業、大手ヘルスケア、ほか多数

実施フロー

実施フロー

よくあるご質問

Q:統合報告書には非財務情報が少ないのですが評価対象になりますか。

A:対象になります。例えば、統合報告書のコンテンツ評価は、動線、つまり「掲載のない非財務情報はどこに掲載されているか」が明記されていれば、情報掲載があると判断できます。この場合は情報の有無ではなく情報の“動線”の有無が、評価のポイントになります。

Q:CSR報告書はダイジェスト版しかありませんが評価できますか。

A:評価できます。最近は冊子に詳細情報を掲載しないで、ウェブサイトで詳細情報を開示する企業が増えています。原則として、本評価プログラムでは、冊子とウェブコンテンツの双方を考慮した総合コンテンツ評価を行います。

Q:分析レポートなど納品物は申込みからどれくらいの日数がかかりますか。

A:ヒアリング実施日より2週間前後です。状況により若干の変更がある場合があります。

お問合せ

第三者評価に関する、お申込み・ご質問は「お問合せ http://csr-ca.net/contact」ページより、お願い致します。

(情報更新日:2017年12月1日)

記事・コラム

  1. アクセスランキング2017年も残りわずか。
  2. CSRコミュニケーション協会のアドバイザーを務めます猪又です。
  3. 2017.11.2

    コミュニケーション

    今後のCSRコンテンツ調査に向けて
    今後のCSRコンテンツ調査現在、2018年1月発表に向けて「第2回 CSRコンテンツ充実度調査」...
  4. CSRコミュニケーション協会のアドバイザーを務めます猪又です。
  5. 前時代的な発言をする経営層「自分たちができていることだけを公開すればいい」「できていないこと...
過去の記事

出版・資料室

CSRデジタルコミュニケーション入門

CSRデジタルコミュニケーション入門

現代のCSRについて、どなたにも読みやすく、理解しやすく、そしてすぐに実践できる内容としてまとめられた一冊です。