正会員制度

概要

CSRコミュニケーション協会(以下、当協会)の「正会員」とは、当協会・会員制度にのっとりご登録いただいた法人会員(企業会員)を指します。正会員は、規定の年会費を支払い会員登録することで以下の会員特典を得ることができます。正会員へのさらなる価値提供を目指し会員特典は随時追加していく予定です。

会員特典

(1)調査分析レポートの購読

当協会の独自調査「CSRコンテンツ充実度調査」などにおける「調査分析レポート」を無料提供します。調査分析レポートは、調査・格付けのプレスリリースに掲載された概要ではなく、ベストケースの紹介、具体的なコンテンツ運用のノウハウ、KGI/KPIの設定方法、企業価値向上に貢献しうるウェブ・コミュニケーションやステークホルダーエンゲージメントについて、CSRコミュニケーションの最新トレンド、など担当者の実務に役立つ情報が多く掲載されています。

CSRコミュニケーション活動のヒントにご活用ください。年1〜3回の発行を予定しています。

(2)無料相談会の実施

CSRコミュニケーションの専門家に無料相談ができます。CSRコミュニケーションの専門知識や多数の支援実績をもったメンバーが、打ち合わせにて第三者視点からアドバイスをさせていただきます。例としては、CSR外部評価・ランキングの向上のポイント、CSRウェブコンテンツのKPI/KGIの設定に関する意見交換、簡易的なCSRウェブコンテンツ評価、情報開示ロードマップの作成アドバイス、などがあります。

実施は「1回1時間(1回限り)」、場所は「東京都近郊」とさせていただきます。事前準備等は受け付けていませんので当日に実施できる範囲内でお願いします。当日必要な資料等はすべて会員側でご準備ください。また事前に質問をいただいても回答およびレポーティングはいたしません。事前の分析が必要な場合は、別途有料サービスの「第三者評価」をご利用ください。

(3)CSR活動のPR

CSR活動のPRを無料サポートします。当協会メンバーが関わるメディア・書籍・セミナー等での事例紹介をはじめてとして、ソーシャルメディア、メルマガ、各種ブログ等でも、取材記事執筆を含めて適宜活動紹介をしていきます。CSRや社会貢献に興味がある人たち数千人〜数十万人にアピールできます。

実施は年数回で任意のメディアおよびタイミングで行います。PRに関する分析レポートや実施報告等はありません。なお、特徴的な活動であればプレスリリース等を事務局に送っていただきPRすることもできますが、PR項目は当協会で一定の審査があり、すべてのリリース情報をPRすることはできませんのでご了承ください。

当協会の正会員であることを開示してもよい企業のみとなります。

原則として取材はメールとさせていただきます。

(4)勉強会の優先参加

当協会が事務局となって隔月平日夜開催の勉強会兼交流会の「CSR企業評価研究会」を実施しています。会員企業の方は「年会費」および「1名様まで当日費用無料」で、優先的にご参加いただけます。ご参加いただけない場合は、後日勉強会の資料を無料送付することもできます。また「CSR企業評価研究会」以外にも、当協会メンバーが企画・講師などをするセミナーに優先案内できる場合もあります。

(5)割引サービス

当協会の運営サービスである「CSR研修」「CSRコンテンツの第三者評価」などが「定価の20%値引き」の価格になります。詳細金額は別途お問合せください。

正会員費用

年会費:100,000円、入会金:100,000円(税別)

正会員企業

味の素株式会社、オムロン株式会社、セイコーエプソン株式会社、大手調味料、大手食品、ほか

お申込み・お問合せ

お申込みは下記の「会員申請」よりお願いします。正会員制度に関するご質問は下記の「お問合せ」よりお願いします。

>>会員申請

>>お問合せ

備考

  • 会員期間は、会費のご入金月翌月より12ヶ月です。ご入金日時は調整できる場合があります。会員特典はご入金月翌月よりご利用いただけます
  • CSRコンサルティング事業を行なう企業様は会員登録できない場合があります
  • 正正会員資格を持っていても当協会に随時質問等ができるわけではありません
  • 当協会の会員サービスにおける「正会員」とは、「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」上の正会員ではなく議決権および選挙権を付与するものではありません

(情報更新日:2018年3月30日)

記事・コラム

  1. CSR/サステナビリティの報告書制作2010年代以降、CSR/サステナビリティ報告書(統合報告書...
  2. CSRコミュニケーション協会のアドバイザーを務めます猪又です。
  3. 第2回CSR企業評価研究会CSR企業評価研究会は、CSR/サステナビリティ企業評価を研究し、企業...
  4. 2018.4.2

    コミュニケーション

    CSR報告における“読み物”の価値と関係性
    ステークホルダーの興味関心昨今の統合報告書のアワードで上位に入る企業の特徴で“読み物の充実”とい...
  5. CSRコミュニケーション協会のアドバイザーを務めます猪又です。
過去の記事

出版・資料室

CSRデジタルコミュニケーション入門

CSRデジタルコミュニケーション入門

現代のCSRについて、どなたにも読みやすく、理解しやすく、そしてすぐに実践できる内容としてまとめられた一冊です。