研修・講演

概要

CSRコミュニケーション協会ではメンバーによる研修・講演を実施しています。主に企業のCSR担当者、各部門のマネージャー、ステークホルダーとの接点の多い企業担当者の皆様に対して、CSRコミュニケーションを中心とした情報提供などをさせていただくものです。

特徴としては、日本唯一のCSRウェブコンテンツ評価である独自調査「CSRコンテンツ調査」等の知見やデータ、動向、インサイトなどを活用する点です。明確なエビデンスをもとに、CSRコミュニケーションの最新動向と課題を浮き彫りにしお伝えします。

費用・時間

  • 講演費用:20万円
  • 講演時間:90分

当日までのながれ

当日までのながれ

講演内容例

CSRコミュニケーションを中心テーマとして、CSR/サステナビリティ全般に関する講演を行なっています。CSRコミュニケーションの現場を知っている担当講師が、実務に活かせる形で情報提供をさせていただきます。また実施前のヒアリングの際にできる限りご要望をお聞きしますので、下記のテーマ例を踏まえ最適な講演内容を作ることもできます。

CSR全般

  • 来年のCSRトレンドの紹介
  • CSR活動のメリット/デメリット
  • ステークホルダーの意識調査紹介

CSRコミュニケーション(基本)

  • CSR報告書/統合報告書の最新動向
  • ウェブにおけるステークホルダーエンゲージメント
  • 統合思考によるコミュニケーションの意義
  • ミレニアル世代以降のコミュニケーション
  • 企業評価を上げるCSRコミュニケーションとは
  • ステークホルダー評価軸とコンテクスト

CSRコミュニケーション(応用)

  • 非財務情報開示による企業価値向上
  • コミュニケーションにおけるマテリアリティとバウンダリ
  • CSRコミュニケーションの「効果測定」
  • CSRコミュニケーションの「KGI/KPI設定」
  • CSRコミュニケーションの「PDCAサイクル」

備考

  • 首都圏以外での実施の場合は交通費を別途ご請求させていただきます
  • 講演費用は消費税別です
  • 講演時間は質疑応答、名刺交換などの時間も時間に含みます
  • 参加者/受講者の募集、会場手配、プレゼンテーション用PC、プロジェクター、マイク、指示棒・ポインター、スライド送りリモコン、飲み物、当日の印刷配布物、アンケート、などのご用意につきましては主催者様にてお願いいたします
  • 講演内容のヒアリングはできる限り訪問にて行いますが、状況によって電話での対応になる場合もあります
  • 「講演のご依頼」から実施までは1ヶ月以上の準備期間をいただきます
  • 作成した講演資料/講演項目の修正はできる限り対応いたしますが保証はできかねます
  • 原則として講演資料はスライド(パワーポイント)で準備し開催1週間前までに提出します

お問合せ

講演に関する、ご質問・ご依頼は「お問合せ」ページより、お願い致します。講演の内容や費用に関しては調整も可能ですのでお気軽にお問合せください。

(情報更新日:2017年7月1日)

記事・コラム

  1. 社内への情報発信CSRの情報発信やコミュニケーションというと、多くは社外のステークホルダーをイメ...
  2. CSRコミュニケーション協会のアドバイザーを務めます猪又です。
  3. 企業に迫りくるCSR調達の波昨今、世間ではCSR調達の機運が高まってきています。
  4. トップメッセージの評価先日、当協会のアドバイザーである猪又さんの記事「トップメッセージでやっては...
  5. CSRコミュニケーション協会7月1日より新しい事業年度となり、設立より2期目となりました。
過去の記事

出版・資料室

CSRデジタルコミュニケーション入門

CSRデジタルコミュニケーション入門

現代のCSRについて、どなたにも読みやすく、理解しやすく、そしてすぐに実践できる内容としてまとめられた一冊です。