代表挨拶

ご挨拶

安藤光展の顔写真

1990年代以降、日本でも様々な社会問題があり環境や企業倫理という概念が広がってきました。その後、世界的なCSR推進の動きに呼応し、2003年は「CSR元年」ともいわれ大手製造業を中心にCSRの概念が徐々に確立していきました。そして2011年の東日本大震災以降では国内企業にCSR・社会貢献という概念が一気に浸透しました。

東日本大震災以降、CSR自体の概念はずいぶん一般ビジネスパーソンにも浸透してきたものの、ステークホルダー・エンゲージメントとなるCSRコミュニケーションの概念浸透やテクニック普及はどうでしょうか。例えば、CSR活動に対して積極的に着手している企業群でも“評価される企業”と“評価されない企業”に分かれてしまうのはなぜでしょうか。私は、適切なCSRコミュニケーション(ステークホルダー・エンゲージメント)を行なっているか、いないか、だけの差ではないか、という仮説をもち始めています。

この「“成果につながり評価される”CSRコミュニケーション」を普及させなければ、日本企業のCSR評価レベルを上げることができないのではないか、という疑問を持っていた時に書籍「CSRデジタルコミュニケーション入門」(インプレスR&D、2016年4月)の執筆を手がける機会をいただきました。そして、CSR活動自体の普及はもちろんのこと、CSRコミュニケーションの必要性・重要性についても改めて考え直すよい機会となりました。

CSRコミュニケーションにおいてどの企業にも通じる万能な答えはないもの、より成果につながりやすいフレームワークや開示テクニックは確立されつつあります。そこでCSRメディア運営やCSRの情報流通に造詣が深い「CSRデジタルコミュニケーション入門」の共同執筆者を中心に、成果・評価につながり企業価値向上に貢献するCSRコミュニケーション普及促進のための非営利組織「一般社団法人 CSRコミュニケーション協会」(以下、当協会)を立ち上げました。

当協会では、研究会の運営、調査・アドバイザリー業務、情報発信業務などの活動を通じ、日本に“より成果につなげるためのCSRコミュニケーション”の普及を図っていきます。

当協会のミッションとして「CSRコミュニケーションをアップデートする」を掲げ、CSRコミュニケーションの専門家とCSR担当者・関係者とが集まるコミュニティを育てて、国内外でより評価される企業を1社でも増やすべく活動していきます。

一般社団法人 CSRコミュニケーション協会
代表理事 安藤 光展

記事・コラム

  1. CSRコミュニケーション
    加速する企業のデジタルコミュニケーション今は、欲しいモノを買うのも、旅行で泊まるホテルを予約する...
  2. CSRコミュニケーションのトレンド私どものCSRコミュニケーション協会(以下、当協会)では、CS...
  3. hedgehog-1843127_640
    CSRコミュニケーション協会のアドバイザーを務めます猪又です。
過去の記事

出版・資料室

CSRデジタルコミュニケーション入門

CSRデジタルコミュニケーション入門

現代のCSRについて、どなたにも読みやすく、理解しやすく、そしてすぐに実践できる内容としてまとめられた一冊です。