代表挨拶

ご挨拶

安藤光展の顔写真

2020年は、新型コロナウイルス感染症により全世界の企業が大打撃を受けました。欧米ではロックダウン(都市封鎖)が何度も行われ、日本でも新規感染者が増加傾向にあり予断を許さない状況であり、2021年も引き続き警戒と対策が必要です。

2010年代はCSR/サステナビリティ分野で大きな変化がありました。国内外でサステナビリティ推進やESG投資のルール作りが一気に進み、日本政府もやっと推進に本腰を入れるようになりました。2020年代は、ESG投資の普及、SDGsの浸透、などで加速したサステナビリティの潮流が、従来のサステナビリティをも大きく変え、まさに時代のメインストリームそのものになったのです。

2010年代はサステナビリティにおいて大きな変化ありましたが、2020年代はコロナから始まり、今まで以上の大きな変化が起きています。こんな時だからこそ、原理原則を思い出し、先に進むべきです。その支援を我々が支援していきます。

当協会は「CSRコミュニケーションをアップデートする」をスローガンに、CSRコミュニケーションに関する調査・アドバイザリー・コミュニティ運営事業を通じ、日本企業におけるCSRコミュニケーションの品質向上支援および啓発・普及・促進を行い、健全で持続可能な社会経済の発展に貢献する活動を行っていきます。

CSRコミュニケーション支援活動を通じ、企業を変え、日本を変え、より良い社会作りに貢献したい。そんな想いを胸に今期も活動してまいります。今後の当協会も何卒よろしくお願いいたします。

2021年1月
一般社団法人 CSRコミュニケーション協会
代表理事 安藤 光展

記事・コラム

  1. 6月1日、株式会社ディスクロージャー&IR総合研究所と、当団体との業務提携が発表されました...
  2. CSR企業ランキング
    今年も注目のCSR企業ランキング昨年、当協会代表・安藤が寄稿させていただきました「...
  3. サステナビリティサイト
    サステナビリティサイト・アワード2021サステナビリティ情報開示に関する調査およびコンサル...
  4. 「サステナビリティ情報開示勉強会」(旧名称:サスネット)は、サステナビリティトレンドの把握と、マルチ...
  5. サステナビリティサイトアワード
    サステナビリティサイトアワード今年もCSRウェブコンテンツ格付け「サステナビリティサイトアワード...
過去の記事

出版・資料室

CSRデジタルコミュニケーション入門

CSRデジタルコミュニケーション入門

現代のCSRについて、どなたにも読みやすく、理解しやすく、そしてすぐに実践できる内容としてまとめられた一冊です。