研究会について

コンセプト

「CSRコミュニケーション研究会」(以下、当研究会)は、「成果視点で考える」、「トレンドを深堀する」、「戦略を動かす」というCSRコミュニケーションに求められる3つのポイントを討議し学ぶ研究会です。

CSRコミュニケーションの実務的ノウハウに長けたメンバーが執筆者となってそのノウハウの一部をまとめた書籍『CSRデジタルコミュニケーション入門』(インプレスR&D)の出版を機に、共著者が発起人となって当研究会を立ち上げました。CSRコミュニケーション全般の実務ノウハウを企業に提供すべく、ディスカッションを通じて参加者同士の意見交換を促し、現場担当者同士のネットワークも作っていきます。

単発のセミナーでは知識の表面部分の学びだけで、実務的ノウハウや深い考察までたどりつけないことが多いです。その課題を解決するため、継続的な研究会活動を通じ実業務に活かせる知識習得をする形式にし、CSR全般のトレンド、ケーススタディ、企業評価・効果測定、戦略立案など学んでいただきます。

また、当研究会は“CSR担当者のみ”を対象としたものではありません。当協会では、CSRはCSR関連部門以外の様々な部門の活動においても必要不可欠な概念であり、ステークホルダーとの接点があるすべての企業担当者が当研究会の推奨対象者と考えているからです。

また一方的な講義だけではなく、ディスカッションではCSRコミュニケーション支援を行なう事業会社の方も加わり、より実務的ノウハウを学ぶこともできます。

ご提供する価値と特徴

1、CSRの体系的理解

CSRコミュニケーションが議論の中心となりますが、あわせて「そもそもCSRとは何か」という基本的な概念も振り返りながら、現場視点を加味した話題を提供し実利に結びつく知識提供をいたします。

2、CSRのトレンド理解

国内のCSRコミュニケーション事例を中心に、CSR全般のトレンド、最新ニュース共有、リサーチデータ紹介、CSR報告書研究、先進事例の把握、CSR業界の現場の話題、非公開の独自調査によるCSRランキング、業界分析、などの紹介を通じ国内最先端のCSRトレンド情報提供をいたします。

3、CSRのフレームワーク理解

先進事例紹介を中心として、各種CSR評価の高い企業のケーススタディ、定例会テーマに関連した専門家や先行事例企業担当者などのご講演、マテリアリティ/バウンダリ特定など、再現性を重視した実利に結びつきやすい知識提供をいたします。

研究内容キーワード

CSRおよびCSRコミュニケーションに関するテーマを設定しています。以下が開催テーマ例となります。モデレーターはCSRコミュニケーション協会の「メンバー」が執り行います。

CSR関連

コミュニケーション、ブランディング、マーケティング、キャンペーン、レピュテーション、コーズマーケティング、CSV、意識調査、企業評価ランキング、ステークホルダー、企業倫理、社会的インパクト評価、CSR/統合報告書、社会/環境報告書、アワード、サプライチェーン、バリューチェーン、マテリアリティ、バウンダリ、エンゲージメント

カテゴリー

コンプライアンス、コーポレートガバナンス、企業統治、環境/気候変動、労働慣行、人権、コミュニティ、消費者課題、公正な事業慣行、ESG/SRI/サスティナブル投資、リスク&オポチュニティ、フレームワーク、ワークライフバランス、ダイバーシティ、調査統計、社会課題

ガイドライン

ISO26000、ISO20400、SDGs、CDP、DJSI、IIRC、SASB、GRIスタンダード、国連グローバルコンパクト、環境報告ガイドライン、国連人権指導原則、OECD多国籍企業行動指針

推奨される対象者

  • CSRコミュニケーションを企業価値向上につなげたいCSR担当者
  • ステークホルダーを意識したコミュニケーション強化をしたい広報/広告担当者
  • CSR/ESG情報開示に関心のあるIR担当者

CSR関連業務を行う企業担当者以外のご参加はお断りをしています。

開催日

毎月第三水曜日、16〜18時、都内での開催を予定しています。お申し込みいただいた方に別途詳細情報をお伝えします。研究会終了後は懇親会(任意参加、実費負担)を行います。

参加金額

当協会の正会員は「無料」、非会員は「お一人様5,000円」

実施回によっては全参加者無料の場合もあります。
正会員については「会員制度」をご確認ください。

各回のテーマ

テーマは時事問題を扱う場合も多く事前の指定は基本的にしていません。そのため、毎回ホットなテーマで議論をすることができます。概要に関しては「ご提供する価値と特徴」や「キーワード」をご確認ください。また各研究会の詳細は、個別に「ブログ」で実施1ヶ月前に告知させていただきますので、ご確認ください。

参加企業実績

大手アパレル、大手食品販売、大手食品製造、中堅システム開発、ほか(2016年11月現在)

参加申込み

参加申込みは「お問合せフォーム」ページからお申し込みください。「研究会参加」の旨を明記の上、お申し込みください。

有料実施回の場合は、お申し込み確認後にご記入いただいた住所に請求書を送付させていただきます。連続で参加をご希望の方は、企業会員(正会員)のお申し込みをいただくとお得な価格で参加することができます。

正会員になりますと参加無料以外の特典もありますので、ぜひ「会員制度」ページをごらんいただき、お申し込みください。

記事・コラム

  1. CSRコミュニケーション
    加速する企業のデジタルコミュニケーション今は、欲しいモノを買うのも、旅行で泊まるホテルを予約する...
  2. CSRコミュニケーションのトレンド私どものCSRコミュニケーション協会(以下、当協会)では、CS...
  3. hedgehog-1843127_640
    CSRコミュニケーション協会のアドバイザーを務めます猪又です。
過去の記事

出版・資料室

CSRデジタルコミュニケーション入門

CSRデジタルコミュニケーション入門

現代のCSRについて、どなたにも読みやすく、理解しやすく、そしてすぐに実践できる内容としてまとめられた一冊です。