最新記事

新年度に振り返りたいCSRコミュニケーション記事18選

  • 2017.3.21
CSRコミュニケーション

4月は異動の季節です。

大手日系企業ではジョブローテンションがあり、専門スキルの有無にかかわらずCSR部門にくる新任の方が多い季節でもあるため、CSR支援の企業等が新任担当者向けにCSR初級研修を行う季節でもあります。

というわけで、本記事では、改めて“CSRコミュニケーションとは何か”を学べる記事を紹介したいと思います。それぞれの記事自体もボリュームがありますので、この記事をブックマークしていただき、お時間あるときにすべての記事をお読みください。

概念

■CSRコミュニケーション
1、CSRコミュニケーションのKPIに何を定めるのか?
2、報告書に書かれている数字の本質を捉える!
3、なぜCSRコンテンツを“運用する”必要があるのか
4、「アクセス数」の次に考えるKPIとは?
5、CSRにおけるデジタルコミュニケーション品質とは

■ステークホルダー・エンゲージメント
1、CSRコミュニケーションはデジタルとアナログどちらがいいのか
2、従業員の不満を「CSR課題」と捉えることのメリット
3、CSRで企業価値を高められるかは企業担当者の力量次第
4、政府も進めるSDGsはCSRとして成り立つのか
5、専門家の評価が高いCSR報告書は“良い報告書”なのか

報告書関連

1、ますます注目される統合報告書の2つポイント
2、統合報告書と意識調査からみる企業報告の課題(2017)
3、専門家の評価が高いCSR報告書は“良い報告書”なのか
4、日本のCSR報告書が“ハイコンテクストの壁”を超えられない理由
5、CSRのミッション・ビジョンは害悪でしかないかも

調査

1、CSRウェブサイト格付け「CSRコンテンツ充実度ランキング」
2、今年のCSR総合格付けはいかに!? 東洋経済「CSR企業ランキング」
3、CSR報告書アワード「第20回環境コミュニケーション大賞」

まとめ

CSRコミュニケーションやステークホルダー・エンゲージメントは、CSR活動において基礎中の基礎でありますが、ベテランのCSR担当者の方は自分の経験や勘で仕事を進めずに、今年度は体系化してシステマチックにCSR活動を進め、業務効率のアップ、企業価値へのインパクト向上を目指してみてはいかがでしょうか。

特典多数な正会員制度の詳細はこちら

執筆者:安藤 光展

一般社団法人 CSRコミュニケーション協会・代表理事。CSRコンサルタント。1981年長野県生まれ。著書『CSRデジタルコミュニケーション入門』(インプレスR&D、共著)、『この数字で世界経済のことが10倍わかる』(技術評論社、単著)ほか。2009年よりブログ『CSRのその先へ』運営。2008年に独立し、以降はCSR/社会貢献領域のコンサルティング事業を中心に活動中。

関連記事

募集情報

正会員募集

記事・コラム

  1. CSRコミュニケーション
    情報ニーズの“谷間”コーポレートコミュニケーションにおいて、CSR関連情報(非財務情報)の開示は...
  2. forest-2209221_640
    CSRコミュニケーション協会のアドバイザーを務めます猪又です。
  3. CSR調査

    2017.5.1

    コミュニケーション

    CSRコンテンツ評価の着眼点と課題について
    CSRコンテンツ評価年度始めの4月も過ぎ、少しずつですが、2017年度に発表する予定のCSRラン...
過去の記事

出版・資料室

CSRデジタルコミュニケーション入門

CSRデジタルコミュニケーション入門

現代のCSRについて、どなたにも読みやすく、理解しやすく、そしてすぐに実践できる内容としてまとめられた一冊です。