最新記事

CSRコミュニケーション協会の設立経緯

  • 2016.9.13
CSRコミュニケーション協会

このたびは、CSRコミュニケーション協会のウェブサイトを訪問していただきありがとうございます。代表理事の安藤です。

本記事は、ブログ記事の記念すべき1本目として、CSRコミュニケーション協会の設立に関する話させていただきます。

なぜ一般社団法人として当協会を立ち上げたのか、代表として、日本が拠点のCSRコンサルタントとして、まとめます。

設立のきっかけ

直接的な当協会の設立意図は「代表挨拶」に書かせていただきました。

端的に申しますと、書籍「CSRデジタルコミュニケーション入門」(インプレスR&D)という書籍を今年の4月に出版させていただきました。その執筆課程で国内企業のCSRコミュニケーションにおける課題などを改めて感じ、共著者3人を中心に、様々な方と協力しCSRコミュニケーションを推進する団体を作り、よりステークホルダーに評価される企業を増やそう!という想いが根底にあります。

企業へのCSRの概念浸透により、CSR支援をするマーケットも徐々にですが整っていき、今では様々な業種が企業のCSR活動のサポートを行うようになりました。

でも、それでCSR評価が高い企業が増えたかというと、残念なことに実際はほとんど増えていません。日本ではCSR活動が進んでいる企業は数百社程度と言われますが、上場企業のほとんどでさえ情報開示すらままならない、という企業がほとんど。この状況を変え、社会やステークホルダーから信頼される企業を増やさないと、日本の将来がサスティナブル(持続可能)にならないじゃないか、と思ったのです。

ですが当協会は、現状のスタンスとして、CSR関連の業界団体や資格運営組織となるつもりはありません。まずは、CSRコミュニケーション関連実務に関する課題を持っている企業に対して、様々な形で支援をしていくことを優先して行っていきます。

活動領域

CSRコミュニケーションと一言でいっても様々なジャンルがありますが、一番得意な領域は「CSRデジタルコミュニケーション」です。本を出すくらいは情報なり見識を持っているつもりです。

今の時代、ステークホルダーとのコミュニケーション(エンゲージメント、リレーション)もデジタル領域(インターネット)に接点を持つことが非常に増えています。

コーポレートサイトにCSR関連情報が載っていない企業は、実際にCSR活動を積極的に行っていたとしても、ステークホルダーから”やっていない”と判断されてしまう時代です。

書籍にも書かせていただいたのですが、ミレニアル世代(1980〜2000年生まれ)は、物心がついた時にはインターネットを含めてデジタル環境が整っていました。私が1981年生まれでしてミレニアル世代にギリギリ入りますが、このあたりのコミュニケーション感覚はネイティブ(当事者)として持っているため、かなり現実的なアドバイスができます。

また、CSR・社会貢献関連のメディア運営の経験もあり、CSR関連の情報流通の”コツ”を把握しているため、得意領域だと認識しているところです。このあたりは今後、記事にまとめていきたいと思います。

私だけではなく、当協会にはCSR関連メディアの制作・運営に関わったメンバーも多数いるので、国内トップクラスの品質で企業のサポートができます。

このブログについて

今後本サイトでは、このようなブログ形式の記事で、CSRコミュニケーションに関するオピニオンを定期的に発信していきます。

日頃の研究成果のまとめ記事や、独自ランキング記事、業界研究記事など、CSR担当者はもちろんのこと、CSRコミュニケーションを支援する立場の方々にも役に立つであろう情報発信をしていきます。

更新本数は月数本と、他のCSR関連メディアに比べて少ない部分もありますが、メールマガジンを含めて、その分品質の高い情報発信を心がけ、CSRに興味のある方々に独自視点を提供していきます。

もちろん、読者の方々からのリクエストがあれば、それに回答する形で記事執筆を行います。その場合は「お問い合わせフォーム」より、ご意見・ご感想をお願いします。(※掲載を保証するわけではありません)

募集中

現在、当協会の正会員を募集しています。様々な特典もありますので、CSRコミュニケーションに興味がある方はぜひご検討ください!

→「正会員募集ページ

特典多数な正会員制度の詳細はこちら

執筆者:安藤 光展

一般社団法人 CSRコミュニケーション協会・代表理事。CSRコンサルタント。1981年長野県生まれ。著書『CSRデジタルコミュニケーション入門』(インプレスR&D、共著)、『この数字で世界経済のことが10倍わかる』(技術評論社、単著)ほか。2009年よりブログ『CSRのその先へ』運営。2008年に独立し、以降はCSR/社会貢献領域のコンサルティング事業を中心に活動中。

関連記事

募集情報

正会員募集 ボランティア募集

記事・コラム

  1. CSRコミュニケーション
    4月は異動の季節です。
  2. 4月は環境が変わる時期4月と言えばお花見のシーズン。東京だと上野公園の桜並木が有名みたいですね。
  3. articulated-male-818202_1280
    CSRコミュニケーション協会のアドバイザーを務めます猪又です。
過去の記事

出版・資料室

CSRデジタルコミュニケーション入門

CSRデジタルコミュニケーション入門

現代のCSRについて、どなたにも読みやすく、理解しやすく、そしてすぐに実践できる内容としてまとめられた一冊です。