最新記事

【第17回】CSR部に異動が決まったら必ずやるべき3つのこと

  • 2018.2.28

CSRコミュニケーション協会のプロボノを務めます猪又です。このブログでは、「CSRデジタルコミュニケーション入門」に書かれている内容の補足や分量的に追加できなかった内容を含めて、日々感じたCSRコミュニケーションについてお伝えします。

2月を振り返ってみると、平昌オリンピック一色でしたね。日本人のメダルラッシュで過去最高!個人的にはカーリングチームが銅メダルを取ってくれて嬉しかったですが(笑)そんな日本中が盛り上がっている中、受験生にとって、2月は人生をかけた運命の月でした。是非、合格を勝ち取ってもらいたいですね。そして、明日から3月がスタート。別れの季節でもありますが、4月に向けての第一歩を踏み出すとき。3月は新しい部署へ異動する方も多いと思います。あなたもこの記事をみているのでしたらCSR部に異動になったのでは(笑)今月は、皆様がCSR部に配属になったときにやるべきことを考えていきましょう。

CSR部に配属されてショックを受けてませんか?

4月の人事異動でCSR部への配属が決まったあなた。正直どういう気持ちでしょうか?「出世コースから外れたので、ショックを受けている・・・。」「どうせCSR部はコストセンターで会社からも期待されていないんでしょ?」と思われたあなた。その考え方は完全に古いです。今の時代は、CSR業務は経営企画に位置づけている企業が増えてきています。あなたの活躍次第で自社の株価に影響を与えられるかもしれません。ただ、そうなるためには、ご自身がどのようにCSRと関わっていくのが大事になっていきます。せっかくCSR部に配属されたのでしたら、あなたにとって魅力的な業務にしていきましょう。そのために、すぐに実行していきたい3つのことをお伝えしたいと思います。

必ずやるべきこと1:CSRの基礎を勉強する!

当たり前ですが、CSRについての知識は必要です。そもそもCSRがなんだか分からなければ、最近流行りのSDGsという理解も本質的ではないと思います。Jリーグも始まりましたが、攻めてばかりで守りが弱かったら、いくら点数を取っても相手に勝てません。あくまでも、守りのCSRのベース知識を取得してから、攻めのCSRであるCSVやSDGsなどについて理解を深めるのが王道ではないでしょうか?そのためには、当たり前ですが、3月中には、CSRについての本を読んでみるべきだと思います。CSRについても色々な本が出版されていますが、是非、ご自身が興味を抱いたものからでいいので読んでみてください。勿論、私も参加している「CSRデジタルコミュニケーション入門」は一押しです(笑)

必ずやるべきこと2:社内ネットワークを広げる!

次にやるべきことは、上司や他のメンバーとの円滑なコミュニケーションです。あなたはどういう役割を期待されてCSR部に異動してきたのでしょうか?かつては、環境部や品質保証部、法務部からの異動者が多かったですが、最近は、営業部やマーケティング部、事業部などの攻めの部署からの異動者も多いです。改めてどういう役割を期待されているのか4月からの業務を始める前に、上司と確認をしておきましょう。また、CSR部では、CSR報告書作成時に他部署からの情報の吸い上げや社会貢献活動のように会社全体を動かす業務も多く、他部署と交流できるコミュニケーションスキルは必須となります。まずは、社内人脈を広げることを意識してみましょう。

必ずやるべきこと3:社外ネットワークを広げる!

更に社内コミュニケーションよりも大切なのがCSR担当者との横のつながりです。同業界の繋がりは勿論のこと、異業界との繋がりは自社のCSRの取り組みを見直す上で大変重要になってきます。では、どうやって横の繋がりを広げればいいのでしょうか?私も参加していましたが、国連グローバルコンパクトのようなCSRを推進している団体に参加すれば自然と横の繋がりが出来てきます。また、有料で開催しているCSRイベントなどにも積極的に参加しているのも一つの手です。(無料イベントは人数が多くなってしまってなかなか話が出来にくい)そして、イベント終了後の懇親会に参加するのは必須です。更に、4月から当協会でもCSR担当者が勉強するためのCSR企業評価研究会を発足しました。企業評価のような特別なテーマについて意欲的に関わりたい参加者が集まる場に参加してみるのも手だと思います。とにかく、ご自身で動き出さないと何も始まりません。4月から積極的に行動していきましょう!

まとめ

今月の話はいかがでしたでしょうか?私もCSR業界に10年間ぐらい身をおいていますが、何度もお伝えしている通り、企業評価が高い会社には、とても真面目で、紳士的で、エネルギッシュで、アクティブな担当者が多いという相関があるように思います。結局は人による影響が大きいのでしょうね。

さて、4月は心機一転、何かを始めるには良い季節です。異動者でなくても、まずは行動してみてください。そこから何かが始まるかもしれませんよ(笑)もし何をしたらいいか分からない場合には、まずは当協会主催の研究会に参加してみたらいかがでしょうか?ちなみに、私も参加します(笑)それと、何かデジタルコミュニケーションで気になることがあれば、是非、当協会へお問い合わせください。

※本投稿は個人の見解であり所属する組織・団体を代表するものではありません。

特典多数な正会員制度の詳細はこちら

執筆者:猪又 陽一

早稲田大学理工学部卒業後、ベネッセコーポレーション入社。その後、外資系ネットベンチャーやリクルートエージェント等で新規事業立ち上げ後、現在、環境・CSR分野におけるコンサルティング会社で法人企業への教育などを担当としている。著書:『CSRデジタルコミュニケーション入門』(インプレスR&D、共著)

関連記事

記事・コラム

  1. 第5回CSR企業評価研究会CSR企業評価研究会は、CSR/サステナビリティ企業評価を研究し、企業...
  2. CSRコンテンツ評価2019年1月に結果発表予定となっている「第3回CSRコンテンツ充実度調査」...
  3. 第4回CSR企業評価研究会CSR企業評価研究会は、CSR/サステナビリティ企業評価を研究し、企業...
  4. CSR/サステナビリティ企業評価先日、日本橋CSR研究会という集まりで「CSR企業評価とその重要...
  5. 三期目突入です2018年7月1日より、一般社団法人CSRコミュニケーション協会(以下、当協会)は...
過去の記事

出版・資料室

CSRデジタルコミュニケーション入門

CSRデジタルコミュニケーション入門

現代のCSRについて、どなたにも読みやすく、理解しやすく、そしてすぐに実践できる内容としてまとめられた一冊です。