最新記事

【募集】CSR企業評価研究会の新規メンバー

  • 2018.2.5

CSRの勉強会コミュニティ

当協会が事務局となる勉強会「CSR企業評価研究会」が、2018年度よりスタートすることになりましたのでお知らせいたします。

>>詳細・お申し込み

当協会では設立当初(2016年末)に数回ほどテストケースとして勉強会をしていました。しかし、このまま同じ方法で行っても、運営側も参加者にもメリットが少ないということで、一旦プロジェクトを中止していました。

CSR担当者といえども、日中(平日昼間)の勉強会に参加できる方々ばかりではないため、また、様々な方から「CSR企業評価を上げる方法を教えてほしい」「CSR担当者が集まるカジュアルな場がほしい」などのご要望が多く、今回、法人ではなく個人としても参加できる研究会(コミュニティ)を運営することにしました。

テーマも当協会らしく「CSR企業評価とCSRコミュニケーション」がメインとなります。また、日本では皆無だったカジュアルな場を設定することで、平日・夜のほうが動きやすい方のニーズに応えていきたいと考えています。ただ人数を集めるというよりは、本気でCSR企業評価のノウハウが欲しい、担当者のネットワークが欲しいという方にご参加いただきたく思います。ご興味がある方は、該当ページをご参照ください。

CSR企業評価研究会とは

CSR企業評価研究会は、主に国内のCSR/サステナビリティ企業評価を研究し、企業の外部評価向上のノウハウ獲得を目指す、CSR担当者限定の勉強会コミュニティです。

研究会のゴールは「CSR企業評価に関する周辺知識の習得」と「参加者同士のネットワーキング」です。定例会は、ゲストとしてCSR企業評価に詳しい専門家なども招き、気軽に本音で意見交換できる場をセッティングします。

各種CSR関連ランキング・アワードの順位向上に興味がある方、CSR担当者同士の横のつながりが欲しい方、などにオススメのカジュアルな研究会です。会員は随時募集しています。

>>詳細・お申し込み

特典多数な正会員制度の詳細はこちら

執筆者:ブログ編集部
関連記事

記事・コラム

  1. 第2回CSR企業評価研究会CSR企業評価研究会は、CSR/サステナビリティ企業評価を研究し、企業...
  2. 2018.4.2

    コミュニケーション

    CSR報告における“読み物”の価値と関係性
    ステークホルダーの興味関心昨今の統合報告書のアワードで上位に入る企業の特徴で“読み物の充実”とい...
  3. CSRコミュニケーション協会のアドバイザーを務めます猪又です。
  4. 大阪万博のテーマはSDGs2025年に開催を予定している国際博覧会(以下、万博)。
  5. SDGsと情報開示2017年は各方面で「SDGs」が大いに話題となりました。
過去の記事

出版・資料室

CSRデジタルコミュニケーション入門

CSRデジタルコミュニケーション入門

現代のCSRについて、どなたにも読みやすく、理解しやすく、そしてすぐに実践できる内容としてまとめられた一冊です。